オブジェクトをまとめてシンボル化するFireworksコマンド「Create_Symbols」

久々に、Fireworks用のコマンドファイル(JSF)を公開します。

Create_Symbolsの概要

Fireworksのシンボル機能がありますが、結構、昔のバージョンから存在するのは知ってたのですが、
やっと最近使い始めて、便利だなぁと関心しています。

写真オブジェクトをカンバスに配置したあと、ある程度大きなサイズでシンボル化しておけば、
写真をリサイズしても、画像が劣化しないので、思い切って画像のレイアウトが行えます。

だた、オブジェクトをひとつひとつしかシンボル化できないのが、
非常にめんどうに感じていたので、エイヤッっとコマンドを作成してみました。

このコマンドを使用すれば、複数の選択オブジェクトを、まとめてシンボル化できます。

使用方法

ダウンロードと設置手順について

ダウンロード

MXPファイルになってますので、ダウンロード後、「PI_Create_Symbols.mxp」をクリックすれば、
Adobe Extension Managerが起動し、インストールできます。

Windowで権限うんぬんでインストールできない場合は、
Adobe Extension Managerを「管理者として実行」を選択して起動してみてください。

動作確認は、WindowsのCS5で行ってます。
古い環境がないので、確認してませんが、古いバージョンでも動くと思います。

使用や改変は、自己責任でご自由に。

コマンドセットもよろしく

もう4年くらい前ですが、Fireworksのコマンド詰め合わせも配布してるので、
こっちも、チェックしてみてください。

オリジナルツール / Fireworks用オリジナルコマンド(jsf)一覧 ( 2008年02月13日 )

以上です。

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS