カラフル時計アプリ作ったけどAppStoreリジェクト → Webアプリとして公開

HTML5+CSS3で、なんか作ってみよう

HTML5+CSS3とかも勉強せんとねってことで、ためしで、時計アプリをつくりました。
時間の経過とともに背景色がランダムで切り替わる、シンプルな置時計です。

デザインというかアイデア自体は、数年前からあったので、
HTML5の勉強をしつつ、結構、スムーズに開発できました。

はじめは、PCブラウザ用として作成していて、
わりとイイ感じなんじゃないか?と思ったので、ちょっと欲をだして、
iPhoneアプリとしてリリースすることに。

iPhoneアプリ化

通常、iPhoneアプリの開発は、XcodeというApple純正の開発環境で、
Objective-Cという厳格なプログラム言語を使用して開発します。

ウェブ制作の人間からすると非常にハードルが高いのですが、
アプリの中にブラウザを埋め込めるので、ブラウザで表示できるHTMLベースの
コンテンツをつくれば、比較的簡単に、アプリを開発することができます。
(ウェブ制作・開発のスキルが生かせる)

で、今回は、その手法で開発しました。
HTML5コンテンツの開発で半日程度。Xcodeでの埋め込み作業で数時間。
紹介ページ作成や、アイコン作成、申請準備で半日程度の開発期間です。

AppStoreからリジェクト

AppStoreにアプリ申請を行い、ちょうど一週間後に、審査結果が来ました。

しかし、リジェクト(掲載拒否)を受けてしまいました(涙)
審査内容は、シンプルすぎるので、もっと機能つけたらどうやとのことでした。
あと、時計アプリは、AppStoreにたくさんあるので、もうひと個性必要だったかもしれません。

いままで、iPhoneアプリは、オリジナルでも請負でも、いくつか公開してますが、
リジェクトされたのは初めてで、結構、へこみます。
(フリーになったときに、VISAでカード申請したら、通らなかったのを思い出しました)

バグがあったとかではなく、アプリのコンセプト自体を否定されてしまったので、
しばらくは、つくる気力がわきそうにないです・・・

ちなみに、アプリとはいっても、中身はHTML5なので、普通にブラウザでも
表示できます。(でもモバイルブラウザ向けなので、IEではうごきませn)

      ↓↓↓

こんな感じ。

Webアプリとして公開しました

本来であれば、AppStoreから公開したかったですが、
寝かしておくのももったいないので、
ウェブアプリとして公開することにしました。

ネイティブなアプリとかは、AppStoreでしか公開できませんが、
今回のようなHTMLベースのものであれば、Appleの審査とか関係なしに、
勝手に公開できます。

以下、アプリのインストール方法です。
上の動作イメージをみてもらって、きにいったらインストールしてみてください。
(スマホでURLうつのが面倒ですよねぇ)

AppStoreで公開できるようにがんばります

やっぱり、AppStoreで世界に公開したいよね~と思うので、
リジェクトの傷がいえたら、また、開発したいとおもいます。

今回くらいの内容であれば、HTML5でつくってもスムーズに動作しますが、
これ以上の内容になってくると、HTML5ではスムーズには動きそうにないので、
次回は、ネイティブにごりごりつくってやろうと、画策中です。

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS