Flash / Papervision3Dで ポリゴン解像度別の実験

久々のFLASHネタです。 ミニカーを3DS maxで作成し、COLLADA形式でEXPORT。それをFlash+Papervisionで表示しています。 上下左右キーで操作できます。 3Dモデルの解像度を複数用意(サブディビジョンのレベル別)して、それぞれアップしてみました。 どんくらいのパフォーマンスがでるのか、比較できます。

■3Dモデル解像度別のFLASH

以下、解像度別で確認できます。 テクスチャは、同じものを使用しています。
サブディブレベルポリゴン数モデルファイルサイズ動作速度FLASHデモ
オリジナル600ポリゴン72KB軽快な動作FLASH
サブディブLevel1,700ポリゴン166KB軽快な動作FLASH
サブディブLeve27,000ポリゴン578KBぼちぼち重な動作FLASH
サブディブLeve327,000ポリゴン2,276KB劇重い動作FLASH

■テクスチャ

以下は、共通で使用してるテクスチャです。 大きめのサイズで作成してますが、多分、半分のサイズで十分です。 ボディテクスチャ タイヤテクスチャ Photoshopで作成するのが普通ですが、私はFireworksで作成してます。 色や線のはっきりしたテクスチャの場合は、こっちの方が楽です。

■まとめ

現実的なチョイスとしては3,000ポリゴン(メッシュ変換時)くらいですかねぇ。 車の場合は塊なのでポリゴン数はすくなくてもOKですが、自転車みたいな、塊がバラけてるモノの場合は、ポリゴン数が多くなるので、現実的ではないです。 タイヤやスポークのところで、ポリゴン数がすごく増えます。 イラストタッチのようなインタラクティブ3Dを表現する場合は、Flash+Papervision。 リアリティを求める場合は、WEB3D系プラグイン(ViewPointとか)ってところでしょうか。 でも、WEB3D系プラグインって、ちゃんとインストールできないことが多いんですよねぇ。 ってことで、ピクセルイメージでは、FLASHベースの3D表現を磨いていきます。

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS