FLASH / オリジナルツール / 滝ビジュアル作成 'DRAW WaterFall' (Box2D)

デザインリソース作りツール第四弾です。 今回は、物理演算ライブラリのBox2Dつかってます。

滝ビジュアル作成"DRAW WaterFall"とは

DRAW WaterFall (FireFox以外で見たほうが動作が軽いです)

使い方

岩と水を作成(コントローラで設定)し、物理演算かけて、その描画結果を眺めます。 基本的には、滝をイメージしてますが、見方によっては、以下のようにも見れます。
  • 横尾忠則の作品のような、霊的な滝
  • マトリックスの3のラストのような、激しい雨
  • 根っこ・反対にすれば梅の木
  • 壁の汚しテクスチャの元
これまでDRAWシリーズはUIを英語表記でやってましが、やはりわかりにくいので、日本語表記にしました。 具体的な使用法は、ページ下の、チュートリアルビデオにて確認してください。

Box2Dをつかってます

最近、Box2Dのお勉強をしていて、ゲーム用途ではなく、 ドローイングでもつかえるんでないかな?と思い、つくりました。 まず、岩(グレーの●と■)を作成し、上から水(点)を上から落として、 それを描画しつづけるだけの、初歩的なBox2Dの機能・使い方です。 インターフェースは前回までのDRAWシリーズの使いまわしなんで、仕事の傍ら、半日くらいで作りました。 Box2Dについてはこちら:FLASH / 物理演算ライブラリBox2Dのお勉強

用途

コントローラをいじって、ビジュアルを作成し、ええ感じになったら、スクリンショットをとって、 デザインアプリ(fireworksとか)で使用するイメージです。

PI_NumberControllerLiteを使ってます

以前のエントリーで紹介した、高機能スライダー(コントローラと呼んでます)のLite版を使用してます。 Flash / オリジナルコンポーネント「PI_NumberController Lite」追加

ビデオチュートリアル

実際の使用方については、こちらにて確認できます。

そのほか

使用制限はありません

商用・非商用にかかわらず、デザイン業務でじゃんじゃんつかってください。

生成された画像例

キャプチャしたままの画像を、トリミングして掲載します。

01-20 小から中の大きさの滝

2008/05/30_01
2008/05/30_02
2008/05/30_03
2008/05/30_04
2008/05/30_05
2008/05/30_06
2008/05/30_07
2008/05/30_08
2008/05/30_09
2008/05/30_10
2008/05/30_11
2008/05/30_12
2008/05/30_13
2008/05/30_14
2008/05/30_15
2008/05/30_16
2008/05/30_17
2008/05/30_18
2008/05/30_19

21-40 大きい滝

2008/05/30_20
2008/05/30_21
2008/05/30_22
2008/05/30_23
2008/05/30_24
2008/05/30_25
2008/05/30_26
2008/05/30_27
2008/05/30_28
2008/05/30_29
2008/05/30_30
2008/05/30_31
2008/05/30_32
2008/05/30_33
2008/05/30_34
2008/05/30_35

36-40 カラーもいけるよ

2008/05/30_36
2008/05/30_37
2008/05/30_38
2008/05/30_39
2008/05/30_40

エントリー一覧

人気エントリ

ソーシャル

About This Site

HTML、CSS、Javascript、デザイン、3D、モバイルアプリ、CMSなど、ウェブ制作関連の話題を扱うブログです。Fireworksのオリジナル拡張機能の配布や、デザインリソースの配布、オリジナルツールの公開も行っています。

About Me



FacebookTwitter

大阪在住フリーのウェブデザイナーの、ピクセルイメージ田中です。長年、ウェブサイト構築のお手伝いを行っており、デザインやプログラムを中心に、Flash全盛期につちかったモーショングラフィクスのセンスを生かした動画作成や、サイト構築に便利なCMSの開発も行っています。

»ピクセルイメージのサイトへ

JS CMS -- DBレス・簡単導入・無料のWebサイト構築用オープンソースCMS